●実践編、テクニックの実際の使い方●

ここまでは、女の「受け入れ」の習性がどんなもので、どうすれば攻略できるか
について、解説してきました。
頭の中に、大体の攻略のイメージは持ってもらえたことと思います。
では、実践と行きたいと事ですが、初めての人は「十分に」注意をしてください。
実は、この方法、上手に使えば、かなり強烈な攻略ツールとなるのですが、
ひとつだけ、注意しなければいけない点があります。
それは、「初めの第一歩」です。
初めの「タッチ」は、とても慎重にしてください。
それこそ、触れるか触れないか、分からない程度から始めます。
ここで、間違えて、初めにベタって触っちゃうと、完全な失敗です。
恐らくキャ〜〜〜〜って大声だされて、白い目で「この人なに〜」って
変態扱いされて、おしまいです。
なので、初めの「タッチ」はとってもとっても繊細にスタートしてください。
初心者の人にお奨めのシーンは、
(1) 紳士的なアプローチ
たとえば、ドアやエレベータなのでかち合ってしまったようなシーンをつくり、

「お先にどうぞ」と言いながらさり気なくそっと女の子の肘辺りに手を添える。
(2) うっかりヨロケタふり
相談事などを持ちかけて隣に立っている状態で、うっかりヨロケテみて、
「おっとっと」といいつつ、女の子の腕に軽くタッチ。
もちろん、この時「ゴメン、ゴメン」と付け加えることを忘れずに。
こんな、シチュエーションだったら、女の子にも他の周りの誰にも怪しまれずに、
そっとボディタッチが成立しますよね。
そして、上のようなきっかけのタッチが成立(成功)したら、
あとは、触られた女の子が「タッチ」された記憶が冷めないうちに
少しずつ、少しずつ、タッチ領域を増やしていってください。
(補足)記憶が冷めないうち?=具体的にどれくらいの間隔っていうデータはありま
せんが、
私の経験では2週間以上も空いちゃったらリセットされている、と思った方がいいで
しょう。

●まずは、身近な女の子で実践してみよう!●

では、いよいよ、実践に移ります。
が、、、、
初心者の人は、
いきなりターゲットの女の子で試してはダメです。
「徐々に攻略していく」感触というのを体で覚えてから、本番で使ってほしいのです。
理由は、二つあって
ひとつは、頭で理解しただけで、自分の中に実践で掴んだ感覚がないと、
なかなかうまく行きません。これは、他のすべてのテクニックに共通して言えること
です。
もう一つは、本命を前にしたら「過剰に意識」してしまい、普段だったらさらっとで
きる
ことで、あがってできなくなることが多いからです。
だからこそ、女友だちとか、職場の女性、など、本命じゃない女の子でしっかりと
試してください。
あ、
不用意にこのテクニックを使っちゃうと、相手が完全勘違いして

にゃんにゃん状態になってしまうので、十分に注意をしてくださいね。
あくまでも、効果を体感するのが目的なので、腕を触るくらいのところで止めて
置かないと、あと、どうなっても知りませんよ(笑)

●さいごに●

恋愛における心理テクニック、いかがでしたか?
このようなテクニックをもっと詳しく知りたい、マスターしたいと思ったら
私のメルマガ「女を喜ばせながら自分もハッピーになる やさしく楽しい恋愛講座」
を、ぜひ、利用してみてください。